施工事例

小だたき仕上げ

施工期日:2005年6月15~6月20日
施工場所:埼玉県内 個人邸宅外構工事

RC擁壁に化粧目地を入れそのまま小だたき処理を施しました。
その為、化粧目地付近は自然な感じに仕上がり脱型後も自然な風合いが出ました。
RCの場合、骨材に白色の骨材を配合しPコンの穴埋めやパネルの隙間、コンクリートの打設方法、時間などを勘案した中で脱型のタイミング、小だたき処理のタイミング等決定いたします。
その事により、表面を荒したハツリ仕上げとはまた、違った風合いがでてきます。

小だたき仕上げ②

施工期日:2008年3月29竣工 
施工場所:埼玉県入間市 武蔵ホール

当社近くの物件で、最上階のホール内壁面への施工でした。
面積を聞くだけで、若い職人なら逃げ出してしまうほどの面積でした。熟練者2人で一日施工面積を決めてただ、ひたすらやり続ける。
根気のいる仕事だけに、仕上がった時の嬉しさは格別です。
また、施工担当者の方や、オーナー様も大変喜んでいらっしゃることと思います。

杭頭処理

施工期日:2004年6月9日~6月10日
施工場所:埼玉県入間市工業団地内 工場新築工事

建築や土木工事の基礎部分(杭基礎)のレイタンス処理として行う作業工程です。
関東ローム層の上にそのまま基礎を施工することよりも、耐震性の向上に良く行われる工事です。
かなりの騒音を発生させるので、現在は防音シートにて杭頭を囲み粉塵対策兼防音対策として施工する時代となりました。
その他、都心では杭頭レイタンス処理にバキューム工法、又は既製杭PCパイル工法などで施工すると言った、工事もあります。

低騒音解体①

施工期日:2007年4月26日~4月27日
施工場所:埼玉県 川島町

自動車部品工場へ新しい機器の設置の為の基礎工事
周囲に精密機器がある為に、粉塵、振動を抑制する工法を採りました。
道路カッターにて、土間コンクリートを基礎の形状に切削し同時に水処理も行いました。
この作業場所は撤去時間を短縮するために粉塵養生時間を削除して土間コンクリートを切断したまま搬出し、処分することとしました。
掘削時間も短縮、最終的には基礎工事完了まで4日間という最短時間にて終了いたしました。

低騒音解体②

施工期日:2004年9月3日
施工場所:埼玉県狭山市内 S病院

病床増加工事の為の解体工事で、増し打ちコンクリートを撤去。
この病院では、階下の入院患者さまの事を鑑み、どうしたら階下に響く音と振動を抑えられるかが課題となりました。
以前の解体業者では、考えもつかない、どうしようもない、作業時間を変える、など沢山の障害が生じていました。
時間と労力を惜しまなければ、様々なアイデアが生まれてくるのも事実です。
探せばあるモノを上手に使う。顧客満足度を追求する。(現在ではもっと小型化され効率良く解体出来る機械、工法があります。)
工期の短い間で、苦情一つなく完了する事ができました。

Follow Me
ページ上部へ戻る